外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

シラカシ

シラカシ

シラカシ 白樫

ブナ科コナラ属アカガシ亜属 常緑広葉樹 高木

【別名】 クロカシ (黒樫)

【将来的なサイズ】 幅:5~8m、 高さ:20~30m

【花期】 なし

【土壌条件】 特に選ばない

シラカシは常緑広葉樹の中では、
最も寒さに強い木で、昔から
農家の敷地周囲に植えられ、
北風を防ぐための高垣となりました。

材質が白いため(乾燥すると淡褐色)、
シラカシ(白樫)と名前が付けられていますが、
樹皮が黒いことからクロカシ(黒樫)とも言います。

シラカシは、モチノキやモッコク、モクセイ、
シイとともに、日本の代表的な庭木で、
五大庭木の一つに数えられてきました。

しかし、維持・管理に工数がかかるので、
だんだんその数が少なくなっています。

シラカシは移植には弱い木ですが、
自家まきの場合は埋め立て地のような
悪条件の土壌でも十分に育ち、
潮風にも強いので、臨海造成地に建てた
住宅の防風用、防潮用の高垣にもぴったりです。

植える時期:
シラカシの植え付けや植え替えは、
5~6月が適期になります。


植える場所:
シラカシは非常に丈夫で、
日があまり当たらなくても育ち、
寒さにもよく耐えますので、
植える場所に関しては、
あまり気を使う必要はありません。


剪定やお手入れ:
シラカシは木の先端が伸びる性質があり、
放置すると下枝が栄養不足で育たず、
頭でっかちの木になりますから、
先端部を特に抑制するように剪定します。

垣根造りのコツは、
①種が発芽したら5cm間隔に間引く。
②垣根の高さを早く決め、予定の高さに
  なったら、主幹の先端を揃えて切る。

現在地:トップページお庭のつくり方シラカシ

サイトマップ