外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

ジューンベリー

ジューンベリー

ジューンベリー

バラ科ザイフリボク属 落葉広葉樹 小高木

【別名】 アメリカザイフリボク

【将来的なサイズ】 幅:2~8m、 高さ:6~10m

【花期】 4~5月

【土壌条件】 湿気に耐える

ジューンベリーは4~5月ごろに白い花をつけ、満開となると
樹冠全体が華やかに彩られ霞のような美しさとなる。

その後、6月に深紅の実をつけることから「ジューンベリー」と呼ばれます。

ジューンベリーは秋の紅葉も楽しむことができる人気のシンボルツリー。

最初から株立ちのものも売られているので、
雑木風に仕立てたい場合にはこれを利用すると便利です。

ジューンベリーは花粉樹がなくても1本で結実し、
実は生食の他、ジャムや果実酒にすることもできる。
食べる場合には野鳥のえさになる前に収穫するのを忘れずに。

自家結実性だが、開花期が雨で十分な受粉が期待できない場合には、
雨よけを工夫したり、人工授粉をすると結実が良くなる。

植え付け時期:
ジューンベリーの植え付けや植え替えのタイミングは12月~3月。

植え付け方法:
ポット苗を植え付ける場合には、同時に支柱を立て、
最初の1~2年は花芽を少なくし、株に十分栄養を行き渡らせるようにします。

植え穴に掘りあげた土の2~3割程度堆肥(またはピートモスか腐葉土)を入れます。
土を半分ほど戻して堆肥と十分に混ぜ合わせます。

剪定やお手入れ:
ジューンベリーの剪定 は11月~2月が適期。

株仕立てのジューンベリーの場合は、
株元から出るシュートを3~5本ぐらい選び、残りを間引く。
込み合った枝、内側に伸びてくる枝も切り取ります。
2~3年ほど実をつけた枝は実つきが悪くなるので、
切りつめて新しい枝に更新するようにする。

1本仕立て型は根元から伸びた枝を剪定し、
込み合った枝を間引くようにして剪定してやります。
1年枝の先端が花芽となって、翌春実を結ぶようになります。
株仕立て同様に2~3年ほど実をつけた枝は切りつめて、
新しい枝を発生させ、枝を更新するようにする。


注意する病気:
ジューンベリーは丈夫でよく育つが、
テッポウムシにやや弱い特徴があるので注意を。

現在地:トップページお庭のつくり方ジューンベリー

サイトマップ