外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

ヒメシャラ

ヒメシャラ

ヒメシャラ 姫沙羅

"ツバキ科ナツツバキ属

 落葉広葉樹 小高木"

【別名】 ヤマチシヤ、アカラギ

【将来的なサイズ】 幅:3~5m、 高さ:3~10m

【花期】 6~7月

【適地】 九州~関東

夏に咲く椿に似た白い小さな花が清楚なヒメシャラ。
近縁のナツツバキと比べると、
少し小ぶりなのがヒメシャラの特徴です。

どちらも6~7月に椿に似た白い花をつけますが、
そのサイズもヒメシャラはナツツバキよりも小さめです。

花は1日で落ちてしまう「1日花」ですが、
次々と咲きつづけて楽しませてくれます。

ヒメシャラの楽しみは夏だけでなく、
秋は紅葉を、冬には葉が落ちた後の木肌が美しく、
一年を通して鑑賞することができます。

植える時期:
ヒメシャラの植え付けは芽が出る前の2~3月が適期です。

植え方:
ヒメシャラは乾燥に弱いため、植え付ける際には、
堆肥や腐葉土を十分に入れ込むようにします。

また、他の木を混植したり、根元に植物を植えるなどして
直射日光が当たらないようにすると丈夫に育ちます。

ヒメシャラを数本まとめて植えても綺麗にまとまります。

植える場所:
ヒメシャラは日当たりのよい場所を好みますが、
半日陰の場所でも充分育ちます。
しかし、1日じゅう日の当たらない暗い日陰は
花付きが悪くなるので適していません。

ヒメシャラは乾燥に弱いので、株元に直射日光が当たる場合は、
敷きワラや腐葉土などで覆うようにします。
またヒメシャラは葉質が薄いので、
強い日差しに長時間さらされると、葉先から枯れ込むので、
西日の当たる場所は避けるようにします。

剪定やお手入れ:
ヒメシャラは基本的に自然に樹形が整うので、
若いうちはほとんど枝を整える必要はありません。

木が大きくなってきて枝葉が混み合ってきたら、
剪定しますが、その場合も重なり合っている部分の枝や
伸びすぎて全体のバランスを乱す枝、枯れた枝を間引く程度にします。

枝は中間で切ると切り口あたりからの芽吹きが悪く、
枯れ込んでしまうこともあるので、
必ず枝分かれしている付け根の位置で切り落とします。

現在地:トップページお庭のつくり方ヒメシャラ

サイトマップ