外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

カツラ

カツラ

カツラ 桂

"カツラ科カツラ属 
 落葉広葉樹 中低木"

【別名】 オカツラ、カモカツラ

【将来的なサイズ】 幅:3~5m、 高さ:5~15m

【花期】 4~5月

【土壌】 特に選ばない

ハツラはハート形の葉がかわいらしく、
人気のシンボルツリーです。

そのハート形の葉が秋には黄色に染まり、
甘いカラメルの様な香りがあります。
紅葉期に樹のそばを通ると、
ふわりとその香りを感じることができます。

緑の葉から黄色の葉に変わる途中には、
黄色と緑のハートの混同した木になります。

カツラは雌雄異株で5月ごろに、
赤っぽい色の花をつけます。

紅い糸状の部分は雄しべ、もしくは雌しべで、
それ以外花びらも萼(がく)もなく地味。
雌株は果実を付け秋に熟します。

植える時期:
カツラの植え付けの適期は落葉期ですが、
寒さの厳しい時期はできるだけ避けるようにします。

植え方:
カツラは特に土壌を選びませんが、
堆肥や腐葉土をタップと混ぜて、
湿り気のある肥沃な土にするようにします。

植える場所:
カツラは日当たり良い場所を好みますが、
半日くらい日の射す半日陰の場所でも十分育ちます。

カツラは夏に日射しが強すぎると、
葉焼けをおこして落葉することがありますので、
西日の当る場所は避けるようにすると無難です。

剪定やお手入れ:
剪定は落葉期の12月~2月頃か、
花後の6月~7月に行うようにします。

カツラは自然樹形で十分美しいので、
枯れた枝や重なって混みあっている枝など、
不要な枝を切る程度で充分です。

カツラは芽吹く力が強く、よく枝分かれするので、
スペースの関係上小さくおさめたい場合は枝を切り詰めます。

枝を切る際は、必ず枝分かれしている付け根の部分で行います。
中途半端な長さに枝を残すと、そこから芽を吹いて葉が茂り、
自然樹形が大きく崩れて見た目がおかしくなってしまいます。

現在地:トップページお庭のつくり方カツラ

サイトマップ