外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

秋の園芸シーズン

 
今年の夏も暑い日が続きましたが9月も半ばを過ぎると、昼間は真夏なみでも朝夕の気温が下がりしのぎやすくなります。
また夏と秋の変わり目の秋雨前線のために、雨が6月に次いで多い時期です。
ようやく植物も一息つける気候になって、一時生育を休止していたものも再び勢いを盛り返してきますし、逆に生長を終えるものもあります。
こうして、下旬にはいよいよ秋の園芸シーズンがやってきます。

201209パンジー

・台風対策を

今年は6月から台風による塩害等で緑のカーテン・農作物や庭木等が被害に遭いました。
9月は台風が日本によくやってくる季節です。強風や大雨で植物が傷めつけられないよう、準備を怠らないようにしましょう。
また、台風通過後の塩害対策の水かけで塩を洗い流しましょう。
 
カーテン塩害


・秋まきの草花や野菜の種まきは時期を失わないように

春から夏にかけて咲いた一年草のタネを採取しましょう。
秋に種をまく草花や野菜は、苗の状態で冬越しするので、本格的な寒さが来る前に寒さに耐えるだけの大きさに育てておく必要があります。
それぞれに発芽適温が違いますが、気温が下がってきたら遅れず種まきできるよう、計画をたててタネや球根を入手し、準備を万端整えておきましょう。
初冬に花を咲かせるパンジーやビオラなど、春までに大株にしたいルピナスなどは9月中旬までにタネまきしておくようにします。
ただし、気温が高いとうまく発芽しないものもあります。それらは10月上旬が適期となります。


・水やりを調節

夏の盛りには朝夕水やりしても足りませんでしたが、気温が下がり、日が短くなってくると鉢土が乾かなくなります。
夏と同じ調子で水やりをしていると根ぐされを起こすものもあります。
土の乾き具合をよく観察し、水やりの回数や量を徐々に減らします。
また、夏の水やりで固くなった鉢土の表面をやわらかくしてやり、水が浸透しやすいようにしておきましょう。
割り箸やフォークなどで表土を軽く刺して、土をほぐすようにしてあげるとよいでしょう。 
水やりしぶき

・つるものの観葉植物、常緑樹の姿を整える時期

夏の間に茎が伸びて草姿が乱れてしまったつるものや、徒長したり樹冠から飛び出た枝を切り詰めて形を整える時期です。


・秋の植えつけ、植え替え

関東以西だと春とともに9月下旬から10月はじめが適期です。
春より秋の方が適する植物もありますから、このチャンスを逃がさないようにしましょう。

 
※9月の庭木のお手入れ

・9月の庭木・花木と管理のポイント

暑さも峠を越し、多くの樹木で枝の伸びが少なくなり、生長が止まるころです。常緑樹は多くが移植可能になります。
しかし、落葉樹は落葉するまで待つ方がよいでしょう。
9月は台風シーズンです。移植したてのものはもちろんのこと、台風情報をよく聞き、風圧を避ける対策を講じましょう。

夏のように過度に乾燥しませんが、土の表面が乾いたら水やりをします。
夏の間花を咲かせた花木にはお礼肥えを与えます。
苗木に真夏、寒冷紗などの日よけをしていたものは取り外し、日に当てるようにしましょう。


・台風に備えて:支柱の確認と剪定

移植や植え付けをしたあとは、支柱をしっかり立てておきましょう。
また、今年植えたばかりのものも、支柱が腐ったりしていないか、結び目がしっかりしているか、よく確かめてください。
風圧を軽減するために、剪定も有効です。
風がよく通りぬけるように、枝や葉を少なくしておきましょう。
また、台風通過後の塩害対策の水かけで塩を洗い流しましょう。
 
ヤマボ塩害


・夏の花木などに、お礼肥えを

スイフヨウやボタン、ボケ、ムクゲ、サルスベリには油かすと化成肥料を同量、庭植えなら株のまわりに2握りほどばらまいておきましょう。
その他の庭木でも、冬の寒さの抵抗力をつけるために、リンやカリ成分の多い肥料を樹冠の枝先のやや内側に施すとよいでしょう。

CIMG2705web化成肥料  油かす油かす

・生垣の剪定

イブキ類はこまめに刈り込みます。ヒバ類は立って出てきた枝などを付け根から切ってすかします。
ベニカナメモチは9月に剪定すれば10月には新芽が伸び出して、翌3月中旬まで鮮やかな赤い葉色を楽しめます。


・生垣の上手な刈り方

刈り込みは上のほうの枝は強く、下のほうは弱めにするのがコツです。
四角く生垣を刈り込む場合はまず上面をそろえます。上面を水平にきれいにそろえるには、紐か縄などを必要な高さのところに張り、この線に合わせて刈るとうまくいきます。
側面は逆に地面近くに紐などを張って、これに合わせて刈ると失敗しません。
 
ベニカナメモチ生垣

・チャドクガ、アメリカシロヒトリの害虫が出るころ
 
チャドクカチャドクガ  アメリカシロヒトリアメリカシロヒトリ

ツバキ類のチャドクガは触るとかぶれます。どちらの害虫も見つけたら枝葉ごと切りとって、処分しましょう。
薬剤を使うなら、スミチオン乳剤、ディプテレックス乳剤などを散布するとよいでしょう。
スミチオンスミチオン  ディプテレックスディプテレックス

庭木の消毒について・・・も参考にしてください。

庭木の消毒について・・・へ

現在地:トップページお庭のつくり方秋の園芸シーズン

サイトマップ