外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

秋の園芸シーズンⅡ

※ 10月の庭木・花木と管理

心地よい気候は短く、気温の低下とともに今年の成長はおしまい。
ムラサキシキブやハマミズキの実が美しく色づき、サザンカの花が咲き、紅葉が始まります。庭木の一番美しいときです。
常緑樹は移植、植え付けを上旬の内にすませ、剪定して樹形を整えましょう。落葉樹は落葉が始まれば移植、植え付けの最適期を迎えます。落葉樹も剪定できますが、紅葉の美しいものは紅葉を観賞してからでもいいでしょう。
 
水やり:
庭植えの場合、特別乾燥する場合を除き、不要ですが、植えつけ後の常緑樹は地面が乾いたら水をやります。
鉢植えは鉢の表面が乾いたら水をたっぷりやってください。

施 肥:
ボタンやマンサク、ロウバイなど来春花を咲かせる落葉樹には油かすなどの遅効性肥料を、サザンカ、ツバキなどこれから花を咲かせる常緑樹には緩効性肥料を与えておきましょう。

病虫害:
気温が下がると広葉樹の密生した枝葉などにうどんこ病が発生しやすくなります。落ちた葉は焼却処分しましょう。
防除としてはジネブ剤などを散布します。
休眠に入る下旬以降はボルドー液などを散布しましょう。
害虫は活動が鈍くなり、さなぎになりますから見つけ次第捕殺します。樹皮が浮き上がって見えるところをチェックしてみましょう。害虫を来春に持越さないことが大切です。


※ 常緑樹の整枝、剪定、もみ上げの季節

常緑広葉樹は落葉樹に比べ葉が分厚く、日が通りにくいものです。
剪定しないで数年も放置しておくと、樹下は耐陰性のある草木でも生育ができなくなります。家の日当たりにも影響しますので、適度に樹冠を透かす剪定をしましょう。
そのポイントは、上部は思いきって強く、下部は弱く、主枝の主軸を先に、次いで側枝の主軸をという順番で、枯れ枝や立ち枝などを切り詰めることです。
また、花木の樹冠から飛び出した徒長枝も切り詰めておきましょう。 

マツ類は2年以上たった古い葉を取りのぞきます(もみ上げ)。
枝の透かし剪定の要領は落葉樹と同じ。作業は樹冠の上部から下部に進むとスムースにできます。

フジ、ノウゼンカツラなどのつる性の花木も、長く伸びたつるを軽く切って整姿しておきましょう。


※ 10月の芝の管理

暖地性のコウライシバは、10月にはいると見た目のシバの色などにさほどの変化はありませんが、目に見えて生育が衰えてきます。
一方の西洋シバはどちらかと言うと暑いのが苦手ですから、人間と同様、天高く…で、生育は旺盛。緑がひときわ鮮やかな季節です。
10月は夏までの管理が適切だったかどうかが、現れるときです。
管理がうまくいっていたとすると、シバは密生しているので雑草の発生はほとんどありません。

水やり:
コウライシバには与えません。
タネまき、あるいはオーバーシーディングした西洋シバは20~30㎜に伸びるまでは毎日、表面がぬれる程度に水やりします。その後は、晴天続きで乾燥していたらときどき与えます。

施 肥:
コウライシバは与えません。
西洋シバにはチッソ分10%の化成肥料1㎡当たり30g施します。

病虫害:
コウライシバに白いパッチが現れることがありますが、葉だけが枯れ茎まですっかり枯れることはありません。
初期のうちにダニコールを散布して防除しましょう。
西洋シバは朝露をたっぷり貯めているようであれば、これを早朝のうちに払って、過湿にならないようにしておくと、病虫害もなく丈夫なシバになります。


刈り込み:

コウライシバは刈り込みを中止します。
西洋シバは生育が続いていますから、月に2~3度は刈り高25㎜で刈り込みします。
西洋シバをタネまきした場合はシバが50㎜程度伸びるまでは刈りません。第1回目の刈り込みのときは初めは大きく刈り込まず、刈り高40㎜くらいから始めて、数回目で通常の刈り高25㎜にするようにします。


雑草退治:

そろそろ、冬雑草が発芽する季節です。
その前に「発芽前土壌処理剤」を散布しておくとよいでしょう。
10月の始めなどは、まだ昼間の気温が高いときがありますが、このような高温期に薬剤を散布する時は、少し薬剤液を薄めにして使うようにすると薬害を防止できます。
 
この時期に芽を出す雑草には、スズメノカタビラ、アレチノギク、タンポポ、ハコベ、オランダミミナグサ、ナズナ(ペンペングサ)などがあります。
スズメノカタビラのようにシバの葉に似ていますから、見分けがつきませんが、他の葉の形が違う雑草は見分けがつきますし、大きなピンセットのような器具を使うと簡単に抜けます。
除草剤を使うより早めに退治しておくとよいでしょう。


※ 10月の作業

さわやかな10月は秋の園芸作業のピークシーズンです。いくつかたのしい作業情報をお届けします。

秋植え球根の植付け
秋植え球根は10月から11月上旬にかけてが植え付け最適期。
ただムスカリは早く植えると葉が徒長して垂れ下がり、見苦しくなるのでかえって遅めのほうがいいです。また、球根を植え付けたあとは水切れに注意しましょう。
すぐには芽が出てこないものが多いので休眠しているように見えるのですが、地中では根が伸び始めています。冬の間に十分水をやり根を張らせると、春に大きな花が咲きます。

観葉植物の植え替えと整枝
夏の間、戸外に出しておいた観葉植物は大きく育っています。
そろそろ室内に取り込む時期ですが、伸びすぎたものはひとまわり大きな鉢に植え替えましょう。その際、鉢底から出た根は切り取り、鉢の内側にぐるぐる回った根も少し切って整理します。また、育ちすぎた枝や枯れた枝は少し切り戻します。
部屋に入れる前に、葉に十分霧吹きをかけて戸外でついたほこりを洗い流し、鉢についた泥もふき取ります。

家庭果樹のお手入れ
秋は収穫期ですが、実が色づくと鳥に狙われやすくなります。
対策として、木の周りに支柱を立てて、木全体を覆うように「防鳥ネット」を張りましょう。また、実を収穫したら、必ず「お礼肥」として根元に堆肥や乾燥牛ふん・鶏糞を施します。木の体力を回復し、来年の開花・結実に向けて準備をする力になります。

秋から初春にむけては果樹の植付け適期。寒い地域では果樹の植付けは10月中か、翌春にします。
関東以南では年内はもう少し遅めに。落葉樹は葉が落ちてから行います。厳寒期を除き、翌年の3月頃までが最適期です。

現在地:トップページお庭のつくり方秋の園芸シーズンⅡ

サイトマップ