外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

1月のお庭管理について

※1月のお庭管理


* 1月の庭木管理

水やり:
地植えは特に必要ありません。
鉢植えは、空気の乾燥するこの季節うっかり放っておくと鉢の土が乾きすぎてしまいます。鉢土が乾いていたら暖かい日の午前中にたっぷり潅水しましょう。

肥料:
ボタン、ムクゲ、ウメ、サルスベリ、マユミなどに寒肥を施します。
肥料は乾燥鶏糞、油粕などの緩効性の有機質肥料です。
植え込みはところどころに深さ2~30cmの穴を掘り、単木は枝の先端の真下あたりに木を取巻くように同じくらいの穴を掘って、有機質肥料を埋め込みます。 
鉢植えは置き肥えにします。


植付けや移植のやりやすい時期です
イヌマキやサルスベリなど寒さに弱いものを除くと、厳冬期は針葉樹や落葉樹の植付けの適期です。ただし、寒風が強く当たるところは少し時期を外しましょう。
鉢植えは植替え後日溜りに置き、湿り気を保つように水やりに注意が必要です。


剪定、整枝をしましょう
マツはもみあげ(2年葉以上の葉を取り除くこと)の時期です。落葉樹は葉がないこの時期は枝振りがよく分かるので、剪定をして樹形を整えましょう。
ウメ,カエデ,サルスベリ、ナツツバキ、マユミ、ムクゲ、ユスラウメなど。
重なったり交差したりした枝、根元からのひこばえ、幹からの胴吹きは付け根から切り落とします。ただし、下部の枝を強剪定すると再生しないことがあるので、バランスを考えたり上部の枝も切るなどの注意が必要です。
太い枝を切った場合は切り口に保護剤を塗っておきます。


今がチャンス! 病虫害退治
この時期、病虫害はほとんど発生しません。だからといって放っておかず、休眠中の病原菌や虫を見つけて根絶し、春以降の病虫害発生を少なくしましょう。
枯れ枝、病気の跡のある枝は付け根から切り取り、枯れた株も処分します。
地上の落ち葉も忘れずに除去しましょう。
枝の分かれ目、樹皮の裂け目などに付いた卵やさなぎはへらなどでかき落としてつぶします。カイガラムシはブラシやたわしでこすり落とします。
この時期に石灰硫黄合剤を2~3週間に1度の割で2回程度散布しておくと、春以降、カイガラムシだけでなく多くの病虫害の発生をかなり予防できます。
みのむしはハサミで切り落とすか、枝ごと処分しましょう。
熱帯性の鉢植え花木(ブーゲンビレア、ハイビスカス、ジャスミン、ランタナなど)
一部を除き室内に取り込み、日当たりに置きますが、夜間は窓際を避けましょう。
水やりは表土が乾いてから2~3日してからと、少なめでよいのですが、暖房で室内が乾燥している場合は葉水を与えるなど,保湿に努めます。
肥料は不要です。
暖房が効いて暖かく乾燥した室内では、ハダニが発生しやすくなります。まめに換気をし、葉裏を濡れた布で拭いてやりましょう。

* 1月の芝の管理

雑草抜きをしましょう
出来るだけ除草剤を使わないで雑草退治を心掛けたいもの。そのためには1月といえども、雑草を見つけてこまめに抜き取る作業が欠かせません。
この時期には、秋に発芽して越年するスズメノカタビラ、オオイヌノフグリ、ノゲシ、ハルジオン、ハハコグサ、ナズナ、ハコベ、カラスノエンドウ、オランダミミナグサや、通年生育するオオバコ、チドメグサ、シロツメグサ、セイヨウタンポポなどが見られます。
タンポポやハハコグサ、ナズナのようにロゼット葉で越冬するものが多く、べったりと地面に張り付いていて、引き抜きにくいものです。根を残さないように注意しましょう。なかでも刈り込んでも負けないスズメノカタビラや、ほふく茎で繁殖するシロツメグサ、チドメグサなどは小さいうちに見つけてきちんと除去しておくと春から先が楽です。  


* 1月の花壇の管理

冬の土おこし

○天地返し
植物がなくなった庭や畑はこの時期に大きく掘り起こして天地返しをします。この作業は「寒ざらし」ともいいますが、土中に隠れていた内部の土を冷気と 日光にさらすことによって、土中に隠れている害虫の卵や幼虫、病気のもとと なる雑菌を退治することができるんですよ。また、固まった土をほぐして土質を改善する効果もあります。
方法は簡単です。晴れた日に、ショベルでなるべく深く、大きく掘り返し、内側の土を外側に出すようにします。その際、土中にある雑草や前に植えていた 植物の根(これも病気などのもとになる)も一緒に取り除きましょう。霜や凍 結による土のしまりをほぐし、通気性や排水性を高める効果もありますよ。

○害虫退治
冬は防寒のために鉢を室内に入れたりビニールをかけるので、風通しのない暖 かい環境になって、意外にアブラムシやハダニが発生しやすいものです。油断しているとあっという間に葉の付け根に繁殖し、葉が黄変して植物が衰弱しています。
予防策としては、葉裏などをこまめに観察すること、乾燥させすぎないようにすること。また、窓際に置いた鉢物は時々窓を開けて寒気にあてるのも有効です。
気が付いたらアブラムシがびっしり…といった場合は市販のスプレーで駆除しましょう。その際、室内では薬をまかないこと。風のない晴れた日に戸外に出し、30センチくらい離れたところから株全体に薬をかけ、半日くらいは戸外に置きます。1回ではなかなか駆除しきれないので、2、3日おきに数回かけるといいですよ。

○元肥をあげましょう
冬の間はほとんどの植物が休眠しているのですが、庭の樹木や植えたままの宿根草などにはこの時期に元肥をほどこすと、これから1年間の活力源になってくれます。
気温が上がって植物の根が成長を始めたときに、ちょうど伸びる根の先端で栄養分を吸収する、というイメージで、植物の株元から少し離れた位置に浅く溝を掘り、堆肥や腐葉土、発酵牛糞、骨粉、油かすなどの緩効性有機肥料を入れて埋め戻します。
量の目安ですが、庭木なら堆肥や腐葉土をバケツ1杯、牛糞以下をカップ2杯分くらいと多めに。宿根草は堆肥や腐葉土をスコップ1杯、その他を片手に2握りくらいです。
寒いので多少やりすぎても肥料が腐ったりすることもなく、これをやっておけば、あとは花後のお礼肥えなど品種ごとの成長に応じて速効性の液肥を与えるだけでほとんどOKです。

○ばらの冬剪定
花木の剪定のなかでも、ばらの冬剪定は春の開花を左右するので特に大切。最適期は12月~2月の間です。
準備として、よく切れる剪定ハサミを用意すること。それからゴム引きで棘を通さない園芸用手袋があると作業が楽です。

まず、前のシーズンの最初に伸びた枝を剪定します。この枝についた良い芽(翌年はこの芽を伸ばす)を見極め、そのすぐ上3~5ミリの位置でカットします。良い芽とは、枝の中央あたりにある外向きの芽です。(内向きの芽を残すと枝が混み合って病気のもとになりますので、必ず外側の枝を伸ばしましょう)切り口は芽の向きと平行になるように、少し斜めにカットしましょう。

次に、根元から勢い良く伸びた新梢(シュート)も剪定します。位置は、シュートから伸びている一番下の枝の下あたりまで、切り詰めます。翌年はこのシュートからも芽を伸ばすようにします。
次に、混み合う古枝の整理です。株の内部に向いて伸びてしまった「ふところ枝」や枯れ枝は、付け根から切って取り除きます。同じく、前々年の枝から伸びた小枝も根元からカットします。

これで終了ですが、原則は前のシーズンに伸びた枝をうまく剪定し、その枝か ら新しい芽を伸ばすようにすることです。樹高を押さえようと一昨年の枝まで切り戻してしまうと、発芽が悪くなって樹勢が落ちてしまいますのでご注意下さい。

切り口の処理ですが、腐蝕や雑菌の侵入を防ぐためには早く乾かすことが大切です。できれば、癒合剤などを塗布しておいてください。

○春の種まき
まだまだ、本当の寒さはこれから!っていう時期ですが、品種によっては2月頃から春の種まきが始められます。早めにまいて苗をある程度育てておくと、温かくなってからすぐに花を楽しむことができます。
寒い季節の種まきは必ず室内で。品種によって発芽適温はまちまちですが、だいたい18度前後を保てる場所にしましょう。
苗床に湿らせた培養土を入れて平らにならし、種をまいてポリ袋で覆い、芽が出るまで湿度を保ちます。
最近は専用のプロパゲーター(プラスチックの蓋のついた栽培容器)が販売されていますね。これがあると便利ですが、ふたつきのイチゴのケースや、卵の容器を活用しても結構うまくいきますよ。

発芽前は明るい日陰におき、芽が出たら窓越しに日光が当たる場所に移します。苗が育ってきたら1株づつポットに移植し、温かくなってきたら徐々に外気にならした後、戸外に定植します。
早めにまけるものは比較的涼しい環境を好む品種です。デルフィニウム、ラクスパー、ゴデチア、プリムラ、イソトマなどは特に早まきに向きますよ。

現在地:トップページお庭のつくり方1月のお庭管理について

サイトマップ