外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

2月のお庭管理について

※2月の庭木管理

・水遣り

地植えは特に必要ありません。
鉢植えは鉢土が乾いていたら、暖かい日の午前中にたっぷりと与えます。

・施肥

1月に続き、寒肥を施す時期です
ツツジの仲間やヤマアジサイなどを除く花木、庭木の多くに、寒さで休眠中の1~2月の間に、きたる生育期に向けて肥料(寒肥)を与えます。
肥料は緩効性、特に乾燥鶏糞、油粕、堆肥など有機質肥料がよいでしょう。
単木は枝の先端の真下あたりを取巻くように、植え込みならところどころに、深さ20~30cmの穴を掘り、有機質肥料を埋め込みます。堆肥や腐葉土をすきこむと通気性や水はけもよくなります。
鉢植えは鉢の縁に肥料を置いておきます(置肥)。

・落葉樹の剪定、整枝

全体のバランスを考えて不要な枝を落とし樹の形を整えます。枯れ枝や病気にかかった枝も切り捨てましょう。
日当たりや風通しがよくなり、病虫害が少なく木が健康に育つようになります。
枝は根元から落としましょう。長く残すとそこから枯れこむことがあるからです。
また、切り口はきれいに削り、太い枝なら保護剤を塗布しておきましょう。
注意をしなければならないのは、春から夏にかけて咲く花木です。アジサイ、サクラ、ライラック、ユキヤナギなどがそれで、すでに花芽を作って休眠していますから、花芽のついた枝を落とさないよう気をつけましょう。
花芽は葉芽に比べて大きくふっくらしています。
一方、新梢に花芽をつけ下の方から次々に咲き上がる花木(ムクゲ、サルスベリなど)は、花芽を気にする必要はありません。剪定して腋芽を増やしましょう。

・病虫害退治

冬期に病原菌や虫の卵を根絶しておくと、春以降の病虫害発生を少なくできます。 
カイガラムシ退治も今がチャンスです。ブラシなどでこすり落としましょう。
石灰硫黄合剤を2~3週に1度、この時期に2回程度散布するとよいでしょう。

・熱帯性鉢植えの温度保持

2月は一番冷え込みます。室内にとり込んでいても夜間の温度低下に気をつけましょう。また、鉢を窓際に置きっぱなしにしたり、暖かい日に出してベランダに置き忘れたりしないようにしましょう。


* 2月の芝生管理

・抜き取り除草

冬至も過ぎ、陽気がよくなるとともに、通年生育するものや芝生より先に伸び始める雑草が育ち始めます。今のうちにこれらを抜き取りましょう。
根を残さないように気をつけて丁寧に抜き取り除草をおこないます。
こうしておくと春から先の雑草退治がとても楽になりますし、除草剤の使用を最低限に押さえることができます。

・目土入れ

芝生は3月に入ると生育を始めます。その前に目土を芝生にまいてやります。
この目土入れは2~3シーズンに一度の割で行うとよいでしょう。
目土は、堆肥と腐葉土を庭の土に3割ほど混ぜ十分なじませておきましょう。 
芝生は前もってできるだけ短く刈り揃え、刈り取った草やゴミを熊手などで取り除いておきます。
目土を均等な厚さにするため、風のない日を選んで作業します。
準備した用土を3ミリ目以下のふるいに入れて、厚さ5mm~1cmくらいになるように均等にていねいにまきます。
芝生がそろって生育するために平らに均等な厚さにするのがコツです。
また、まきすぎも根茎の発達を妨げるので注意してください。 


* 2月の花壇管理

3月に春苗の植え付けを予定している場合は、
早めに土作りをしておきます。

花壇の底に腐葉土、堆肥、肥料、石灰などを、
入れて漉き込み、表面をならします。

また育苗中の苗も大きくなってきますので、
2週間に1度くらい液体肥料を与えます。

アネモネ、ラナンキュラス、マーガレットなど、
春苗をいきなり寒い場所に植えると傷みますので、
徐々に寒さに慣らしてから、植え付けてください。

宿根草は、一度植えつけると毎年花を楽しむことができますが、この時期に株分けをしておくと、生育がぐんとよくなります。
スズランや、シュウメイギク、宿根フロックスなど、新芽が動き出す前に株分けをおこなって、植え広げましょう。

現在地:トップページお庭のつくり方2月のお庭管理について

サイトマップ