外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

3月のお庭管理について

※3月の庭木のお手入れ

○春の花が咲き始めます

ジンチョウゲの香りが漂い出すと、春がそこまで来たことを実感しますね。
この他、春先に咲く花木には、コブシ、ハクモクレン、マンサク、ツバキ、ウメ、ロウバイ、ユキヤナギ、レンギョウ、ボケなどがあります。
この時期の花を見て、これから自宅の庭に植える花木を選ぶのもよい方法ですから、花木の多い公園などにでかけてみましょう。


○植付け、植替え

3月中旬までが、落葉花木の植付けの適期、鉢植えは植え替えの適期です。
家庭で植え付けられるのは樹高2m程度まで。それ以外はプロに頼むほうが無難です。
まず元気な病虫害のないよい苗を選ぶことです。
根が乾いているものや新芽が傷んでいるものは避けましょう。

移植する場合は、落葉樹は根鉢を作る必要はありません。大きめに掘り上げます。
常緑広葉樹や針葉樹の場合は根鉢を作ります。

植え穴の大きさは幅、深さとも根鉢の1.5~2倍程度。掘り上げた土に腐葉土や堆肥を混ぜておきます。
苗木の付け根部分が地面から少し出るくらいに高さ調節をして、調整した土を戻します。水をたっぷりと注ぎ、土がどろどろになるようにします(水ぎめ)。
土が落ち着いたら土寄せをして踏み固めます。しっかり活着するまで、苗木がぐらつかないように支柱を掛けておきましょう。 
丸太や竹を幹に3方向から斜めに少しづつずらしながら掛ける「八つ掛け」が一般的です。
株元を腐葉土などでマルチしておきましょう。乾燥や雨による土の流出や雑草が生えるのを防止します。
コデマリ、ユキヤナギ、ヤマブキ、アジサイなどは何本も出ている幹を短めに切ってから堀り上げます。株が大きいものは株分けも可能です。

移植の難しいのは落葉樹ではモクレン、コブシ、フジなどです。これらは根を切らないように注意します。
タケやササは根鉢を乾かさないこと。根が乾くと活着が難しくなります。


○常緑樹も植え替えの季節です     

暖かくなってきたので、カシやツバキ、シャクナゲ、ツツジ、クチナシ、アオキ、ヤツデなどの常緑広葉樹、ヒノキなどの針葉樹を植え替えてもよい時期になりました。芽吹きの最中の落葉樹は、植え替えは避けましょう。
常緑樹は根鉢をつくってから植え替えないといけないので、準備が必要。この時、どうしても根を切りますから、その分負担を少なくするために、枝や葉を剪定して減らしてやらないといけません。切った根はもう一度切り戻し、植えつけ後はたっぷりの水を与えます。
また、元肥は深めに入れて土をかけ、根に触れないようにします。いずれも、これから気温が高くなるので、活着するのに大切なポイント。支柱を立てることも忘れないでください。


○剪定

暖かくなったら常緑樹の剪定を。花芽がすでに出来ているものは最小限にします。
これから伸びる枝に花芽の付くキンモクセイ、キョウチクトウは、枝が込んでいたり樹冠が大きくなりすぎていたら、今のうちに剪定します。
落葉花木は多くがすでに花芽が出来ています。剪定は最小限に止めましょう。

サルスベリの剪定
サルスベリは今年伸びる枝に花が咲きます。
寒さに弱いので他の落葉花木より遅く、3月上~中旬が剪定の適期です。
前年伸びた枝の枝元まで思いきり短く切り戻します。
3、4年切り戻しを重ねて太い枝の先がコブ状になったものは、太い枝も切り詰めてコブを取り除きます。





* 3月の芝生管理

芝生の美しさは、こまめに手入れをしないと保てないんですよね。「手入れが大変!」と思われる方も多いと思いますが、道具をうまく使えばかなり作業が楽になりますよ。

まず芽の動く春先は、踏み込まないことが大切です。芽を傷めず、生え揃うまで待ちましょう。
きれいなグリーンが育ってきたら、4月から11月ころまで毎月1~2回は刈りこみます。夏場は特に頻度を増やします。伸ばし放しにすると蒸れて病気が発生しますので、伸びてきたら欠かさずに刈りましょう。
方法は、狭い庭なら手ばさみでも大丈夫です。ある程度面積があれ芝刈り機を使うと圧倒的に楽です。手押し式、電動、エンジンといろいろありますが、庭の広さに応じて選びます。刈りこむ際の注意点は、短くしすぎると傷むので、地上から1~2cmは残すこと。同じ方向に直線的に刈るときれいに揃います。狭いところや縁石沿いは手ばさみやエッジカッターを使います。

刈り終わった芝生のくずはそこに残さず、集めて処分することも大切です。残すと変色して見苦しいし、病気の原因になります。葉を集めるには芝生用のレーキを使うと、葉の間に入りこんだ刈りくずも楽にきれいに集められますよ。
くずを集めた後は、芝生用の目土をハンドショベル一杯ずつ所々に置き、レーキを使って芝生全面に均等に広げます。また、年一度4月頃、芝生を刈ったあとに「エアレーション」という作業をします。芝生は踏みしめによって地面が固まり酸素不足になりますので、地面に穴をあけて空気を通すのです。10cm間隔に深さ7~8cmの穴を均等に開けます。
この作業はフォーク(農業用の)でもできますが、芝生専用のローンスパイクという穴あけ器を使うと楽です。エアレーションのあとにも目土を入れると土の更新にもなります。また、エアレーションのあとは乾燥しやすいので、たっぷり水遣りをしておきます。
はじめはきれいだったけど、年々生育が悪くなってきた、という場合はたいていこの踏みしめによる酸素不足が原因ですので、今年はぜひエアレーションに挑戦してみてください。

芝生の雑草とりと肥料、病気対策についてです。

まず雑草。タンポポ、ネジリバナ、チドメグサなど、取りにくい雑草がいっぱい出てきます。
手で抜こうとしても雑草の根が芝の根にからんで、なかなかうまく取れません。
でも根を残すとまた一段と強くなって再生しますので、根元の芝を細身のコテなどでこじあけて、
しっかり抜くことが大切です。余裕があれば芝生専用の雑草抜きを使うのがおすすめ。
雑草の根の周囲に円形にグッと刃を刺し込んで、きれいに抜き取ることができ、とても楽です。
また、芝生用の雑草抑制剤を使う手もあります。作業は5月上旬が適期です。

いずれにしろ、対策は雑草が繁茂する前の春先が勝負。
夏になってからでは雑草の地下茎が張って取っても取っても広範囲に生えきますし、
夏の炎天下での芝生の草取りなんてとても無理ですものね。

次に肥料ですが、芝生にも必要です。
ちゃんとやるとふかふかの、きれいな芝生になりますよ。
生育期間となる4月~10月に月1回、芝生用の化成肥料を施しましょう。

また害虫は、コガネムシ、ヨトウムシ、シバツトガが芝生の3大害虫といわれます。
いずれも5月~6月に発生し、新芽を食害して弱らせます。
この時期には芝をよく観察して、害がでてきたら専用の薬剤で駆除しましょう。

病害としては、一部がはげた様に枯れる春はげ症、葉に赤い斑点ができるさび病などがあります。
症状が出てしまったら殺菌剤やベンレートで対処しますが、
これらは日ごろの適切な手入れにより未然に防ぐことができます。
刈りこみ、エアレーション、そして上記の肥料やりを定期的に行っていれば、かなり大丈夫です。

ということで、芝生はこれからの季節、4~6月頃の手入れが肝心ですね。


* 3月の花壇管理

○霜よけより太陽を

3月も中旬になると気温が高くなり、新しい活動が始まります。室内に入れていた鉢植えも太陽を待ち望んでいます。霜の当たらない日当たりに出してやりましょう。ただ、室内でぬくぬくしていただけに急な冷えには弱いので、気象予報をよく聞き、冷え込みそうだったら取りこむのを忘れずに。


○鉢植えは水やりに注意、施肥の必要なものも

気温が上がり活動が始まるとそれに合わせた水やりが必要になります。「鉢土の表面が乾いたらたっぷりと、鉢底穴から水が流れ出るまで」という、春の水やり態勢に入ってください。

花の咲いているもの(プリムラ類など)はもちろん、ベゴニア・センパフローレンスなどにも下旬になれば施肥をします。花期の長いものには緩効性化成肥料が適しますが、シャコバサボテンなどは速効性の液体肥料の方が適します。


○お彼岸頃から宿根草は株分け、鉢植えは植え替えを

宿根草は、庭植えにすれば冬に枯れても春になれば芽が出てきます。不精者にもってこいですが、ヒメヒマワリなど生育の旺盛なものは3、4年たてば、株が老化して生育が悪くなるものです。
鉢植えではもっと早く根詰まりを起こします。

そこで、株分けや植え替えが必要になるのです。増やすだけが目的で株分けするのではありません。鉢植えの場合の植え替えは、一回り大きな鉢に。大きすぎもいけません。
 
株分けは小さな芽が出てきたら株を掘り起こすか、鉢から取り出します。土を落として1株が3~5芽になるように、はさみで切り分けます。

ホオズキなど地下茎を伸ばすものは、大きな芽がついて根の多い地下茎を選び、芽が2つ以上付くようにして切り分けます。
傷んだ根や黄色くなった葉は取り除き、腐葉土を混ぜ水はけのよい用土や場所に植え替えましょう。


○春の花壇の花苗を準備しましょう

土の準備はできていますね。今年の春花壇のプランはすんでいますか。

昨年秋タネをまいた人もあるでしょう。でも、春に苗を買って植えつけても遅くはありません。冬の間別の花を楽しんだ欲張りさんも大丈夫。

この春からという方、テーマカラーを決めて、花苗を求めると失敗がありません。
まず、ブルー系、赤系、黄色~オレンジ系、など好みでテーマカラーを決めます。
それらの濃淡に白をあしらい、アクセントに少し反対色を添えてはいかがでしょう。草丈の大小、取り混ぜて立体的なプランにすることも大切です。これが頭に入っていれば、いろいろな種類を衝動買いしても大丈夫です。

現在地:トップページお庭のつくり方3月のお庭管理について

サイトマップ