外構・エクステリアは静岡県浜松市のピースフルガーデンへ

ピースフルガーデンからお庭のつくり方

4月のお庭管理について

※4月の庭木のお手入れ

○4月の庭木と管理

落葉樹は芽吹きの季節。常緑樹の芽吹きは落葉樹より少し遅れます。ツバキ、ジンチョウゲ、レンギョウ、ユキヤナギ、モクレン、サクラ、など、早いものでは花の終わったものもありますが、4月から5月にかけては多くの庭木に花が咲きます。花の後にはお礼肥えとして、鶏ふんやリン酸やカリ分の多い肥料を株元に置き肥えしましょう。芽吹きの頃の落葉樹には水がたくさん必要です。乾燥して水切れしないように、気をつけてください。


○剪定、整姿

「花のあとの剪定」という言葉があります。花が終わった直後の剪定は次の年の花に影響しない、切って大丈夫、ということです。花が咲き終わったユキヤナギやレンギョウ、ロウバイなどの落葉樹の剪定をし、樹形を整えましょう。
ただし、この時期樹液の流動がさかんなモミジの剪定は避けてください。常緑樹でもツバキ類やヤツデ、アオキ、イヌツゲ、キョウチクトウなどの枝を切って、樹形を整え、風通しや日当たりをよくしましょう。

ユキヤナギやレンギョウなど、新しく出た枝にぎっしり花をつけるものは枝を思いきって切り戻します。好みの樹形に整えられるとともに、また、新しい枝が勢いよく伸びて、花芽のできる6月の末ごろまでに充実した枝になり、来年もまたたくさんの花を咲かせてくれます。ユキヤナギやレンギョウはこうして「枝の更新」を常にするのが、長くきれいに花を咲かせるコツなのです。


○病虫害対策

新芽はみずみずしくていかにもおいしそう。樹液を吸う害虫、アブラムシやカイガラムシも今だとばかりに発生してきます。これらの害虫の排泄物は、すす病の原因ともなりますから、発生しはじめのうちにやっつけてしまいましょう。そのために毎日こまめに点検、観察して、発生に気付いたらすぐ、殺虫剤で駆除します。とくにカイガラムシはやっかいです。歯ブラシなどでしっかりこそげ取りましょう。
これから枝葉が込み合って害虫が活動しやすくなりますから、それまでに元を断っておくことです。


*4月の芝生管理

○傷んだ部分の張り替え

作業は3~5月の間に。やり方は新しく植えつけるのと大差ありません。一部だけが傷むのは、その部分だけ、生育条件が悪いということです。原因は何なのかを突き止めましょう。
張り替えをするときに、薬剤を散布したり、砂を入れて水はけをよくするなど、必要な対策をわすれずに。


○目土

植えつけて1年以上たった芝生には毎年1回、4月はじめに栄養分に富んだ用土(目土)を芝に薄くかけてやると、芝生が密にしあがります。
目土を入れる前にローンスパイクという道具で、芝生全体に穴をあけます。

○雑草抜きをしっかりと    

気温が上がってなたね梅雨で雨がよく降るようになると、芝は急に生長をはじめます。みるみる緑が広がっていく様子に心踊る思いですが、同時に雑草も活動開始…。庭にはできるだけ薬剤を使わないようにしたいもの。そのためには、手におえなくなる前に雑草と見たらすぐに抜き取ること。それも、鎌の先などを使って掘り起こし、根こそぎ、確実に抜いてしまうことです。ほふく茎で広がるシロツメクサや根の深いタンポポなどは、とくに注意が必要です。


○施肥    

コウライ芝は西洋芝より少し遅れて生育をはじめます。肥料は年3回、4、6、8月に施します。
まきやすくて、肥料あたりをおこしにくい芝生専用の化成肥料がよいでしょう。なければ、チッソ・リン酸・カリが同比の化成肥料でもかまいません。1㎡あたり40~50g(一握り大)程度を、均等になるようまきます。肥料は多すぎると雑草や病虫害が多くなり、耐寒性を弱めることにもなりますから、少な目を心がけてください。


*4月の花壇管理

○4月の草花

昨年末から早春にかけて植えた秋まきの1、2年草、パンジーやビオラ、デージー、クリサンセマム、キンギョソウなどが一番美しい季節です。
ゼラニウム、マツバギク、ディモルホセカ、ガザニアなどの多年草も咲き出します。それにつれて花の管理も忙しくなりますし、これから夏にかけて咲く春まき1年草の種まき、多年草の植え替えや株分けもしなくてはなりません。いよいよ、園芸シーズン突入ですね。 


○春まき1年草の種まき

サクラが咲き出す頃が、春の種まきの目安です。でも、今年は3月も半ばにサクラが咲き出した所があって、ちょっとあわててましたね。3月末から4月上旬にまくのは、春まきでは発芽適温が15℃~20℃のジニアやアゲラタム、マリーゴールド、アスターなどです。用土は新しく清潔なものを使うのが成功するコツです。
また、そのまま定植できる圧縮ピート製の育苗ポット(ジフィーポット)がおすすめです。移植の手間もはぶけるし、傷みも少なくてすみます。1ポットに、6粒まいて、本葉が出てきたら間引き、最終的に1,2本にします。間引く時は苗を引きぬかないで、ハサミで切ると、根を傷めません。
種の袋にある説明書をよく読んで、その指示に従いましょう。


○寒さに弱い多年草の植え替え、株分け    

アガパンサスや鉢植えの木立ちベゴニアなどを植え替えましょう。とくに木立ちベゴニアは株が古くなると花付きが悪くなりますから、毎年植えかえがおすすめ。アガパンサスは4~5年株なら株分けで増やせます。掘り上げて土を落とし、古い根を切り落として整理します。2~3芽ごとに分けて30cm間隔ぐらいに植えつけます。


○水鉢にスイレンを植えてみませんか    

池がなくても水をためられる容器があればスイレンのような水生植物を育てることができます。大きさは深さが35cm、直径が50cmもあればスイレンでもOK。ホテイアオイやヒメスイレンなら洗面器程度で十分。面白い容器を見つけて夏の庭やベランダを演出してみましょう。植える鉢は4~5号鉢で、水深が5cmくらいになるようにします。芽の伸びる方向に空間を残して浅く植え、鉢土の上に小石をのせて、水やり後、水中に沈めます。水深はあまり深くならないよう、また必ず日なたにおいてください。水は減ったら補います。


○4月の管理

花がらつみ
4月は次から次へと花が咲きます。
長く花を咲かせるには、花がらをこまめに摘み取ることがとても大切。 見苦しいだけでなく花がらは雨などに濡れるとカビや病原菌が繁殖しやすくなりますし、実がつくと養分を取られて株が急に老化します。花がらは花弁だけでなく、種のできるところや茎の部分もきちんと切ってしまいましょう。

肥料
苗を植えつけるときは元肥をやりますが、例えば昨年末に植えつけてずっと花を咲かせているパンジーやクリサンセマム、デージーなどは元肥の効き目が薄れてきています。でも花はまだまだこれから。どんどん生長して花を咲かせつづけるためには、追肥が必要です。追肥はすぐに効く速効性の肥料が適しています。液肥を水代わりにやると手軽です。液肥の効き目はせいぜい7~10日なので、1の付く日にやる、と決めるとか、曜日で決めるのも忘れなくていいですね。
花付きをよくするにはリン酸の多いものにします。
また、液肥は決して濃いものを使わないことです。むしろ規定より 薄めを流れ出るほどたっぷりやるのがコツです。

病害虫
気温が上がってくるとともに、病害虫が発生しやすくなります。病害虫は早くみつけて即退治が一番大切です。毎日見回ってよく観察して異変をいち早くキャッチしましょう。アブラムシやケムシ、アオムシは取り除きます。灰色カビ病やうどんこ病も出てきます。
いずれも雨に濡れたり風通しが悪いと出やすいので、剪定したり、花がらをこまめに取り除きましょう。

現在地:トップページお庭のつくり方4月のお庭管理について

サイトマップ